コンセプト

最新の学びとともに心のつながりを大切にする

本学は学生と教職員がともに「育ちあう、響きあう」ことをめざす大学です。
教職員と学生のみならず、学生同士のつながりが大学生活のなかで深まることが大切だと考えています。このことは、通信教育においてもなんら変わることはありません。
インターネットで学ぶ利便性とともに、人と人との心のつながりを通信教育課程でも大切にしていきます。

たちばなエクールのコンセプト

社会人からでも始められる新しい「e-school」のかたち、それが「たちばなエクール(echool)」です。
インターネットを利用して、自宅で大学の正課の科目が学習できます。「大学で学びたいが通学する時間がない」という社会人でも自分のペースで学習し、大学を卒業することができます。学生と教職員がともに「育ちあう、響きあう」ことを大切にしている京都橘大学だからこそ、共鳴するインターネット・キャンパスをめざします。

育ちあう、響きあう 京都橘大学

私たち京都橘学園のキャンパスでは、一つひとつのできごとを学生と教職員が常に共有し、互いに影響を与えあっています。
そして、教職員は学生のどんな小さな可能性も見逃さず、育んでいます。
そこで生まれる学びの成果は、個人のものにとどまらず、学生と教職員すべての確信や励みとなり、次の探究の糧となります。
絶えることのない対話のなかで、日々の学び、夢、そして希望がいつも響きあう。京都橘のキャンパスでは、一人ひとりの学生が輝き、それぞれの未来を探究しているのです。

※タグラインとは、本学がめざす大学像のことです

pagetop