学部長メッセージ

健康科学部長 日比野 英子

心理学をもっと身近に、日々の生活や職場の健康に、援助職の専門性向上に、企業活動の活性化に活かしていただくために、心理学科通信教育課程<たちばなエクール>があります。どなたにも、ご自分のライフスタイルにあわせて、わかりやすく学んでいただけるよう、eラーニングを多く取り入れました。

現在在学生の方々が、職業や家庭生活と並行して受講されており、その学びを支援するために、授業内容や学業についての質問に答えるサポート体制も整っています。スクーリングの際には教員や学友との語らいが豊富で、学生のみなさんの笑顔には充実感が溢れています。

心理学科のカリキュラムの特長は、

  1. バランスよく心理学の諸領域を学ぶ。
    学科科目履修により、無理なく「認定心理士」の資格を取得できます。
  2. 「臨床心理学」と「社会・産業心理学」が充実しています。
    現代の社会生活・職業に活かせるこの2つの領域を深く学べることが大きな特徴です。
  3. 「医療と心理」という独自の領域を設定。
    「こころとからだの健康と臨床」をテーマに、QOLの向上、生活臨床、文化、リハビリテーション、闘病、といった新しい視点を備えた心理学を提供します。

<たちばなエクール>の学びを、医療・福祉・教育の現場や、企業における販売戦略・組織運営、家庭での子育てや健康管理などにぜひお役立てください。
<たちばなエクール>は、心理学をあなた自身のお役に立たせることと、21世紀の共生社会の構築に貢献することを目標にしています。

pagetop