たちばな心理学コラム

映画や本

心理学を学んだ後で見える世界は変わるでしょうか。少なくとも毎日の身近な問題を考える上で、わたしたちにヒントを与えてくれるはずです。例えば「今日はなぜか気分はすぐれないのかな」「なぜこの商品がよく売れるのだろうか」など、自分やほかの人の心の動きについて客観的に理解することができるかもしれません。
「たちばな心理学コラム」では、日常生活のさまざまな場面を理解することに役立つ心理学の知見や基礎知識など心理学をもっと身近に感じられる話を紹介していきます。

  •  『愛を読む人(The Reader)』
    この映画は、第81回アカデミー賞5部門でノミネートされ、『タイタニック』のヒロインで一躍有名になったケイト・ウィンスレットが主演女優賞を受賞…
    [カテゴリー:映画や本]この記事を読む
  •  『イン・ハー・シューズ(IN HER SHOES)』
    この映画で最もチャーミングなのは、2006年ゴールデングローブ賞 助演女優賞に輝いた、主人公の祖母役エラを演じたシャーリー・マクレーンかもし…
    [カテゴリー:映画や本]この記事を読む
  •  『ショーシャンクの空に(The Shawshank Redemption)』
    この映画は、1995年のアカデミー賞で、作品賞、主演男優賞等7部門でノミネートされたのですが、そのほとんどは『フォレストガンプ』が受賞してし…
    [カテゴリー:映画や本]この記事を読む
  •  ドナ・ウィリアムズ著『自閉症だったわたしへ』
    『NOBODY NOWHERE』Donna Williams (1992)『自閉症だったわたしへ』ドナ・ウィリアムズ著/河野万里子訳 (19…
    [カテゴリー:映画や本]この記事を読む
  •  『ぼくのバラ色の人生(Ma vie en rose)』
    この映画は臨床心理学の授業で観ています。冒頭からのフランスらしい、おしゃれな映像や音楽(特に主題歌「Rose」)は、カラフルなカフェオレボウ…
    [カテゴリー:映画や本]この記事を読む
  • 資料請求
  • 説明会・相談会
  • たちばなエクール 6つのポイント
  • 平日個別相談
  • 心理学コラム
  • 在学生メッセージ
  • たちばなエクール Facebook
  • 京都橘大学

pagetop