科目等履修生で学ぶ

科目等履修生とは

興味がある科目だけを学びたい、すぐに正科生で入学をする前にいくつかの科目を履修したい、看護学の学士を取得したい。 大学で学ぶにはさまざまな履修目的があります。本学ではそのような目的に応じた科目をコースとして設置し、科目等履修生として学んでいただくプログラムを編成しています。さらに1科目だけでも履修できる科目もあります。

科目等履修制度で学ぶ

あらかじめ設定された科目を科目等履修生として学ぶパッケージ型コースです。進路やキャリアアップなど、目的に応じて効率的に学びたい方におすすめです。

臨床心理学コース 心の問題を見つめ、臨床心理学の基礎知識・スキルが学べる

臨床心理学コース

心の健康や問題について理解し、対処方法について学びます。看護師およびそのほか医療・福祉分野、教育機関に勤務する方など、幅広い現場での活躍をめざす人に最適のコースです。
本コース修了後、本学心理学科通信教育課程へ正科生として入学した場合、本コースで修得した単位は、既修得単位として単位認定されます。
※詳しくは科目等履修生の募集要項をご確認ください。

開設科目名
臨床心理学Ⅰ/臨床心理学Ⅱ/カウンセリング/パーソナリティ心理学Ⅰ

社会・産業心理学コース 社会や企業での活動に役立つスキルが身につく

社会・産業心理学コース

消費者の心理や行動を探究し、企業活動に必要な知識を修得します。そのほか、近年重要さを増す働く人のメンタルヘルスが学べ、企業だけでなくさまざまな組織の管理職の方にもおすすめです。
※詳しくは科目等履修生の募集要項をご確認ください。

開設科目名
産業心理学A(組織行動論)/産業心理学B(消費者行動論)/メンタルヘルス・マネジメント/消費者コミュニケーション論/

発達・教育心理学コース 子どもの心の問題を理解し、解決へ導く知識を学べる

発達・教育心理学コース

人間の心理を「発達」「学習」「教育」の視点から学びます。学習した知識は、小学校や幼稚園などの教育機関に勤務されている方だけではなく、夫婦関係や子育てなど、毎日の暮らしにも役立てることができます。
本コース修了後、本学心理学科通信教育課程へ正科生として入学した場合、本コースで修得した単位は、既修得単位として単位認定されます。
※詳しくは科目等履修生の募集要項をご確認ください。

開設科目名
発達心理学Ⅰ/発達心理学Ⅱ/教育心理学/家族心理学

行動神経科学コース 行動と神経科学のメカニズムについて学ぶ

行動神経科学コース

心がどのように成り立っているか、行動と神経科学のメカニズムについて学びます。この領域で学んだ知識は、臨床心理学や発達心理学などほかの領域においても、心の働きの理解をする上で活用できます。
本コース修了後、本学心理学科通信教育課程へ正科生として入学した場合、本コースで修得した単位は、既修得単位として単位認定されます。
※詳しくは科目等履修生の募集要項をご確認ください。

開設科目名
学習心理学/感情心理学/行動分析学/こころの脳科学

心理学基礎コース 心理学の概論から臨床、社会、発達心理学の基礎まで学べる

心理学基礎コース

一口に心理学と言ってもさまざまな領域があり、それぞれが私たちの生活と密接につながっています。このコースでは、心理学の概論から臨床、社会、発達心理学の基礎まで学ぶことができ、心理学初心者でも気軽に学べるコースです。
本コース修了後、本学心理学科通信教育課程へ正科生として入学した場合、本コースで修得した単位は、既修得単位として単位認定されます。
※詳しくは科目等履修生の募集要項をご確認ください。

開設科目名
心理学Ⅰ/臨床心理学Ⅰ/社会心理学Ⅰ/ 発達心理学Ⅰ

1科目から履修 1科目だけ受講したい、通信教育で大学の授業を受けてみたい

1科目から履修

受講可能科目から自由に選択して学んでいただけます。本学心理学科(通信教育課程)へ正科生として入学された場合、修得した単位は、既修得単位として単位認定されます。
履修可能科目については、科目等履修生の募集要項をご覧ください。

開設科目名
科目一覧:基礎分野|科目一覧:専門分野

看護学コース 看護学の学士をめざす

概要

大学改革支援・学位授与機構の学位授与制度を利用して、「学士(看護学)」を取得するためのコースです。スクーリングなしで、最短1年で修了することができます。
*対象となる方については、下記の「出願資格」をご確認ください。

めざせる学位

独立行政法人大学改革支援・学位授与機構が与える「学士(看護学)」

学位取得方法

(1)申請に必要な単位を修得
*必要な単位等については、次の「学位申請に必要な単位数」をご覧ください。
(2)コース修了後、「大学改革支援・学位授与機構」に学位申請
学位取得には、申請後に大学改革支援・学位授与機構が行う試験と審査に合格しなければなりません。
*学士授与制度については、大学改革支援・学位授与機構のホームページ「新しい学士への途」を参考にしてください。
なお、本学正科生(編入学含む)として入学した場合は、在学中に学位申請することはできません。
大学改革支援・学位授与機構ホームページ  http://www.niad.ac.jp/
(3)学士(看護学)を取得

学位申請に必要な単位数

合計で32単位の修得が必要です。
学位申請にあたっては、必ず大学改革支援・学位授与機構のホームページにある「新しい学士への途」の最新版をご確認ください。

対象者 看護系科目 一般科目(左記以外の教養科目)
3年制の看護系短期大学または専門学校を卒業(見込みを含む)の方 8科目・16単位 8科目・16単位
該当する科目名
医学概論/看護情報論/看護倫理/国際看護学/看護管理学/高齢者のヘルスプロモーション/認知症看護学/看護と死生観/次世代育成看護学概論/災害看護学/家族看護学 など

そのほか指定する教養科目より8科目

学修レポート作成講座を開講! ※看護学コース修了生対象
大学改革支援・学位授与機構に学位申請をされる際には学修成果レポートの提出が必要です。
本学では学修レポート作成を支援する講座を開設します。
この講座では、研究テーマの設定の仕方やレポートの書き方、文献検索レビューの方法などを講義と演習で行い、レポート作成の支援を行います。
「履修証明プログラム」について
2007年の学校教育法の改正により、大学等における「履修証明制度」が創設されました。
従来の学士などの学位とは異なり、社会人等を対象とした一定のまとまりのある学習プログラム(履修証明プログラム)を受講することにより、キャリアアップ、専門性の向上、再就職、資格試験の勉強などに活用できる制度です。
プログラムを修了することで、教育機関等における学修成果をキャリア形成に活かすため、履歴書等への記載が可能です。
本学では2013年度に履修証明制度を導入し、看護学コースの2014年度入学者から以下の条件を満たす希望者へ「履修証明書」を交付します。

申請条件

①本学通信教育課程看護学コースを修了していること

②本学通信教育課程看護学コース在籍中に、メディア授業時間数が120時間以上に相当する単位を修得していること

※目安はメディア授業科目8科目以上となります。
※メディア授業時間数は、受講年度のカリキュラムに則して計算します。

pagetop