正科生で学ぶ 正科生1年次入学について

幅広い教養科目

本学は、心理学のほかにも文学、歴史学や経済・経営学、看護学までさまざまな学問をフィールドにしています。総合大学であるメリットを活かし、幅広い教養を身につけるカリキュラムとなっています。

4つの応用領域からなる専門科目

臨床、福祉、教育、産業などさまざまな分野において活用できる豊富な科目を開講しています。専門科目は「臨床心理学領域」「社会・産業心理学領域」「発達・教育心理学領域」「行動神経科学領域」の4つの領域を展開。「行動神経科学領域」では、心のメカニズムについて科学的に探求します。本学カリキュラムは、心理学の基礎を学んだ上で、興味のある領域をより深めることができるカリキュラムになっており、関心や目的に合わせて幅広くかつバランスよく学べます。

臨床心理学領域

心の問題を見つめ、対処法を身につける

心の健康や問題について深く理解し、対処方法について学びます。医療や福祉分野など、幅広い現場での活用が期待される領域です。臨床心理士資格取得をめざすための知識やスキルを身に着けることができます。

社会・産業心理学領域

社会や職場の心の問題を探求

社会や企業での活動に役立つスキルを身につけます。消費者の行動を研究し、企業の売上を高めるための知識について学びます。さらには、企業で働く人たちのメンタルヘルスの管理などの知識についても修得します。

発達・教育心理学領域

子どもの心の問題を理解し、解決へ導く

人間の心理を「発達」「教育」の視点から学びます。さまざまな心の問題への対処法やストレスマネジメント、社会で生きていくのに必要なスキルなどについて学びます。学んだ知識は、夫婦関係や子育てなど、毎日の暮らしにも役立てることができます。

行動神経科学領域

心の成り立ちを、科学的に解明する

心がどのように成り立っているか、行動と神経科学のメカニズムについて学びます。知覚や認知、記憶などの心的活動が脳のどの部分で行われているかなどについて探求します。データに基づいた論理的思考力を養い、社会で活かせるスキルを身につけることができます。

卒業までの学びのステップ

看護学コース 看護学の学士をめざす

幅広い教養を身につけ、心理学の概論から学習していきます。まず初めに、心理学が扱うテーマについて幅広く学び、心理学研究法や心理統計学など、心理学を学ぶ上での基礎的なスキルを身につけていきます。「人間を心理学の視点から理解する」とはどのようなものであるかを学びます。

2回生心理学の基礎を深める

心理学にはさまざまな研究分野がありますが、2回生ではいよいよ、各分野の科目を履修していきます。「臨床心理学」「社会・産業心理学」「発達・教育心理学」「行動神経科学」の4つの領域を設置。
さらに、医療職者の知識やスキルを高める「医療と心理」領域もあり、心理学を総合的により深く理解できます。

3回生専門的なスキルを身につける

興味のある領域や科目をより深く学び、高次な研究法や査定法について学び、実践的なスキルを修得します。各領域は互いに関連し合っており、1つの領域を学びながらもほかの領域を履修することでより深く心理学の知識やスキルを身につけることができます。

4回生専門性を高め、学士(心理学)取得へ

臨床現場に役立つ、さらに専門性の高い科目を学び、4年間の集大成として社会へ応用できる実践的な知識やスキルを身につけていきます。医療機関や教育・福祉分野、ビジネスの現場など、心理学を活かせる場面は多岐にわたります。現場で活かせる心理学の専門知識を身につけます。

pagetop