学科・コース紹介イメージ学科・コース紹介イメージ

健康科学部心理学科の
特長

心理学を基礎から幅広くバランスよく学ぶ

大学における心理学教育では、心理学の諸領域をバランスよく学ぶことが重視されています。本学科のカリキュラムは、これが実現できるよう「臨床心理学領域」「社会・産業心理学領域」「発達・教育心理学領域」「行動神経科学領域」の4つの専門領域を中心として構成されています。各領域の基礎的な科目を学びながら、興味を深め、さらに上位の科目を履修することで体系的に心理学の知識やスキルを修得することができます。
「共通領域」には、心理学を学ぶ上で基盤となる理論や研究法を身につけることをねらいとした科目が多数配置されており、心理学の基礎的理論の理解や研究能力の養成をめざします。心理学においては、体験的に学ぶことも重要な要素です。本学通信教育課程では、「臨床心理学領域」「社会・産業心理学領域」の科目を中心に対話型・体験型の演習も開講しています。

実践につながる心理学を学ぶ

人と人のつながりが複雑化する現代社会において、こころの問題への対処はますます重要な課題になっています。医療や福祉など対人援助職が活躍する現場、課題を抱える児童・生徒やその保護者に対応する教育の現場。企業や地域、家庭など、場面を選ばず、心理学の知識やスキルがよりよいコミュニケーション、人間関係の構築に貢献します。
通信教育で学ぶ多くの社会人の方は、さまざまな経験を通して心理学を学びたいと感じ、入学します。自身の経験と大学で学んだことが連動するため、深い学びへとつながることが期待できます。経験豊かな社会人の方が、実践へとつなげられる心理学が学べるのが、「たちばなエクー ル」の魅力です。

最新のeラーニング環境で学ぶ

忙しい毎日を送る多くの社会人の方にとって、学ぶ時間を確保することは大変なことです。平日に教室で授業やテストを受けることはもちろん、手書きのレポートを窓口で提出することができる方は決して多くはないでしょう。住んでいるエリアや勤務状況などに制約を受けず学べる環境を提供すること。社会人の多くの方が関心を寄せる心理学を大学で学べる環境を提供すること。これらを実現するため、「たちばなエクール」は開設されました。
平日の帰宅後、週末の時間を利用して大学で学べるよう最新のeラーニング環境を構築。パソコンとインターネット環境、テキストがあれば、いつでも、どこでも学べ、生活スタイルを大きく変えることなく大学に入学し、学士取得をめざすことができます。授業を受けるだけでなく、テストやレポートもパソコンから提出が可能。学習時間の確保が難しい社会人の方にとって最適の環境で学べます。

取得できる資格

認定心理士の取得可能な資格については、以下をご覧ください。

めざせる資格

臨床心理士の資格を取得するには、卒業後、指定大学院への進学が必要です。
詳細については、以下をご覧ください。