入学にあたって事前に相談が必要な場合

海外の学校修了者の出願について

海外の学校を修了している場合、出願資格の有無について必ず事前相談が必要です。事前相談には卒業証明書などの書類の提出が必要です。判定には2か月程度かかることがあります。出願をお考えの場合は、早めにご相談ください。

海外在住者(日本人)の出願について

海外在住者(日本人)が入学を希望する場合は、下記の点に留意してください。なお、本学通信教育課からの送付物(学生証・テキスト等)は、すべて日本国内の代理人へ届けます。このほか海外の学校を修了している場合は、出願資格の有無について必ず事前に通信教育課までお問い合わせください。

  1. 必要な出願資格を有していること。
  2. 日本語が使用でき、下記の環境を満たすパソコンを所有していること。
  3. パソコンはインターネットに接続できる環境があること。
    (WEB上で試験を行うため、安定した高速通信回線が必要)
  4. 日本国内に入学手続等を代行できる代理人がいること。
  5. 入学手続時の納付金は、指定期間内に日本円で振り込みができること。
  6. 正科生の場合、日本国内(本学キャンパス等)で実施するスクーリングに出席できること。
  7. 入学後の授業料等、学費を振替できる金融機関が日本にあること。

海外からの出願にあたり、郵送が必要な提出書類は出願者本人または国内の代理人からの一括郵送をお願いします。
一括郵送ができない場合は、必ず出願の2 週間前までに通信教育課までEメールか電話でご連絡ください。

身体障碍(しょうがい)等を有する方の修学について

身体障碍、発達障碍、精神障碍のどれかを有する方が入学を希望 する場合は、出願に際し、「身体・発達・精神障碍状況連絡票」の 提出が必要です。事前に必ず通信教育課にお問い合わせください。 なお、修学についてはできる限り配慮しておりますが、以下につ いての対応が現状では困難です。あらかじめご了承ください。

  • 点字または拡大文字の教材および音声に変えた教材(録音等)またはデータ化された教材の提供
  • スクーリング中の介助者(ノートテイク・手話通訳・移動補助等)の確保および入室
  • スクーリング中の特別な机や椅子等の使用および持ち込み
  • スクーリング中の単位認定試験等における試験時間の延長および別室受験
  • 大学備品の貸し出し
  • 学習時の特別対応

個人情報の取り扱いについて

出願に関する個人情報の取り扱いに関するプライバシーポリシーにつきましてはこちらのページをご確認ください。

pagetop