学習講師

授業でわからないことは、心理学の幅広い専門的知識をもつ学習講師がサポートします。授業に関する質問は「エクールキャンパス」で受講しながら簡単にできます。専門分野の各科目は領域に合わせて、学習講師が担当し、科目担当の教員と連携しながら、学生の皆さんの学習が深まるよう支援します。履修ガイダンス、履修指導日などの機会では、対面でも学習の相談が可能です。

わたしたち学習講師が全面的にサポートします!

井上 裕樹 助教

興味があるテーマを深める

心理学を学び始める皆さんには、ぜひ京都橘大学の充実したカリキュラムにて、さまざまな心理学の領域を幅広く修め、自分がじっくり取り組みたいと思うテーマを一つ以上見つけていただきたいです。学習サポートに関しては、授業への質問のやり取りや学習指導日、スカイプなどでの対話を通して、皆さんの学習が少しでも実りのあるものになるようお手伝いできればと思います。皆様のご入学を心からお待ちしています。

青木 剛 助教

自ら調べることが醍醐味

"こころ"は身近なもので、心理学を学んでいると、生活のなかでのありふれた"こころ"の働きを振り返り、より一層関心を抱かれることもあるでしょう。大学での学習は、そうした関心を元に自ら調べることも醍醐味です。とは言え、調べるために必要なキーワード(専門用語)や、調べ方がわからないこともあるかと思います。そうした際はぜひご質問ください。みなさまそれぞれの学習の歩みをサポートできるようにできればと思います。

中川 明仁 助教

日常生活と心理学

心理学は日常の生活に密接した学問です。日常生活で起こるさまざまな出来事を心理学的な視点で理解することで、心理学の学びは深められます。本学では臨床心理学や社会心理学をはじめとする幅広い領域のカリキュラムが充実しています。また、学習が一方通行とならないよう、学生と教員との双方向の授業を展開しています。安心して学習を進めていただき、実りある学びとなりますよう、サポート体制を充実させ、皆様のご入学をお待ちしています。

奈田 哲也 助教

日々の見つめなおしと心理学

心理学は、心の働きを明らかにしていく学問です。そのため、心理学を学ぶということは、自分の日々の行動や自分自身を見つめなおしていくことになります。心理学の楽しさとは、この見つめなおしのなかで得られるさまざまな気づき・新たな発見でしょう。また、心理学の学びとは、講義で学んだ事柄を日常生活場面に置き換えながら深めていくことです。私たち学習講師が、講義内容を上手く深められるように皆さまをサポートしていくことで、見つめなおしが適切に行えればと思います。

菱田 一仁 助教

こころってなんだろう

心理学が扱っているのは人のこころです。こころというと、何かわかったような気がしますが、改めて考えてみるとよくわからなくなってきます。感じること、考えること。でも、それだけでもなく、自分では気が付いていない何かがこころの奥の方で動いているらしい。そんなこころが、人が関わる多くのことには関係しています。
心理学を学ぶことでこころの不思議を少しずつ知っていく、そんな道のりのサポートをさせていただけたらと思っています。

藤原 勇 助教

知行合一をめざして

心理学は日常生活のあらゆる場面で活用できる、非常に身近な学問です。しかし、ただ学ぶだけでは知識を蓄積しているにすぎません。知行合一という言葉が示すように、知識は実践してこそ実りあるものとなります。その点で心理学は日常で経験するような題材を研究しているものが多く、実践しやすい学問です。
ぜひ、たちばなエクールで学んだことを自分の日常や過去の経験と照らし合わせることで、学ぶ楽しさを味わいましょう。そうした充実した学びのためのお手伝いができることを心待ちにしています。

pagetop