在学生メッセージ

田村恵子さん
現場の看護師の心のケアの必要性

看護の現場では、患者さんのケアはもちろんですが、学生や新人看護師の育成、キャリアアップに関わっています。看護師の仕事はやりがいがありますが、頑張りすぎて、かえって仕事を続けるのが難しくなる人もいます。これから成長していく看護師の心のケアに役立つ知識を身につけたいと思い、心理学にたどり着きました。いろいろな角度から幅広く学べること、自宅学習が中心であることなどが「たちばなエクール」に決めた理由です。

おすすめの科目

「心理的援助論B」
メディア授業ということもあり、実際にさまざまな心理療法について動画を見ながら受講できます。援助の課程での人の心の変化について学べ、濱田先生の人柄が感じられる楽しい授業ですね。

「心理統計学Ⅰ」
統計は苦手意識が強かったのですが、実際にやってみると意外とスムーズにできました。後半の動画での演習もとてもわかりやすく、解答があっていると次々と問題を解きたくなります。

タブレット端末を利用して効率よく学習

仕事や家事と両立するために、タブレット端末を活用。毎日の通勤時間にも学習しました。頑張りすぎないよう、無理せず自分のペースで学べました。自宅では、パソコンでじっくりと学習するようにしていました。家でテストを受ける際は、集中できる環境を家族がつくってくれたり、子どもと一緒にリビングで勉強したりすることもあり、よいコミュニケーションツールにもなっていました。

前向きに取り組む姿勢が大事

仕事をしながら通信教育で学ぶというのは大変なことです。でも、「たちばなエクール」での学びは、前向きに取り組めばどんどん実践につながっていき、モチベーションになります。学んだことが日常生活で活きて、ものの見方が変わることが楽しくて、もっと学習したい!という気持ちになりました。

pagetop