履修モデル

学修は、たちばなエクールの学修システム「echool campus」を使って行います。 科目はメディア授業、テキスト授業、スクーリングの3つの学修方法で開講しており、科目ごとに決められた学修方法にしたがって学修を進めます。

卒業までの流れ

卒業までの流れ

メディア授業

メディア授業とは、スタジオや教室で収録された映像と電子資料(パワーポイント等)をインターネット上で配信する授業形態です。受講期間中は繰り返し授業コンテンツを閲覧できるので、ノートパソコンやタブレットPC・スマートフォンなどで外出中も復習が可能です。さらに、学生の疑問や質問には、学習講師が中心となりメールや掲示板で適宜回答します。

  • インターネットを利用した学修で、好きな時間に、自分のペースで学修を進めることができます。
  • インターネットを通じて配信される教材(録画授業)と小テストとレポートを中心に学修を進め、科目によっては最後に期末試験が課されます。
  • 教員への質問や、教員からの学修アドバイス、受講者同士のディスカッション等はechool campusで行います。
  • 受講には、本学が指定した条件を満たすインターネット接続環境とパソコンが必要となります。

メディア授業の流れ

メディア授業の流れ

テキスト授業

テキスト授業とは、教科書を講読し、インターネットを通じて配布される資料やレジュメで学習する授業形態です。基本は教科書を読む自学自習となりますが、小テストやレポート、期末試験などはすべてインターネット上で受験および提出を行います。

  • 必要なテキストはシラバスで確認することができます。また、テキストはすべてインターネットで購入します。
  • 学修の進捗を確認する小テストや、期末試験・レポートはechool campusを利用して受験・提出します。
  • 教員への質問や、教員からの学修アドバイス、受講者同士のディスカッション等はechool campusで行います。

テキスト授業の流れ

テキスト授業の流れ

スクーリング

本学キャンパスで面接授業を行います(実施日は年間予定表を参照してください)。
教員と学生が対面でコミュニケーションをとりながら学習できる上、さまざまな年齢・職業の学生が集い、お互い刺激しあえる機会でもあります。
日程はこちらから

  • スクーリングを受けるために、特別な手続きをしていただく必要はありません。また、スクーリング費用も必要ありません(宿泊等の費用を除く)。
  • 会場はすべて本学キャンパスとなります。
  • 授業は集中講義形式で行われ、2単位科目で授業形態がスクーリングのみの科目の場合、15回の授業を受けることとなります。期間は1日から3日の間で、授業は1回90分です。

スクーリング受講の流れ

スクーリング受講の流れ

試験・レポートについて

小テスト

科目によって、回数や形式が異なりますが、いずれも授業の習熟度を問う試験となっています。echool campus上で受けることになります。

レポート

科目によって、提出を指示されることがあります。指定された期日までにechool campus上で提出するようにしてください。

期末試験

学期末に期間を指定されて行われます。期間内に、各自echool campus上で受験してください。その際、本人確認のためWebカメラを使用しますので、あらかじめ用意しておいてください。

  • 期末試験を課される場合、合格しなければ単位修得となりません。
  • いずれもechool campusを使った受験・提出となりますが、スクーリング授業の科目に関してはその限りではありません。

pagetop