卒業生・修了生メッセージイメージ卒業生・修了生メッセージイメージ

卒業生・修了生
メッセージ

伊藤健治さん

新しい知識を得ることで楽しく学べます

卒業生 伊藤健治さん
[ 地方公務員 ]
高等学校を卒業後、地方公務員として市役所に勤務。職場のメンタルヘルスを向上させたいという思いから、正科生1年次入学。

悩んでいる人の力になりたい

職場で悩んでいる人の力になりたい、メンタルヘルスを向上させたいという思いがあり、心理学を基礎から学ぼうと考えていました。自身で本を読み、心理学の知識を得ていたのですが、もっと体系的にじっくりと学びたいと思っていたときに、たちばなエクールの広告が目に飛び込んできました。家から1時間くらいで通えそうだし、学費もなんとかなりそう。何より、学びたいと思っていた心理学を深く学ぶことができる!さまざまな好条件が重なり、入学を決めました。

たちばなエクールの魅力

京都橘大学のeラーニングは、動画を止めてメモを取りながら何度も見ることができ、聞き逃しもなく、じっくり学べるのが良いところ。自分の生活に合わせて学習することができます。スクーリングも魅力のひとつ。動画の中ではタレントのような存在である先生に、実際に会うことができたうれしさを今も覚えています。普段は自宅学習ですが、授業で学友に会うことがよい刺激になり、学ぶ意欲につながりました。卒業した現在も、大学で知り合った仲間と時々学習会を行い、互いに学び続けています。

少しでも毎日受講することが大切!

時間のない日は、5分でもいいから受講しようと心がけました。まず、パソコンを開けないと受講がすすまないので、毎日1回はログインするようにしていました。そうした毎日の積み重ねが、卒業につながったと思います。
また、私のおすすめは朝型学習です。家族で早起きして、朝に子どもと一緒に学習する時間を確保していました。5時に起きて、朝食や家事のあとは6時から7時くらいまで学習し、出勤。18~19時ごろ帰宅し、夕食などを済ませて21時30分~23時は学習。夜は無理せず早めに寝ていました。動画を止めてメモをとったりしながらじっくりすすめていました。

心理学を学んで変わったこと

人に対する接し方が自然に変わったようです。今まで少しきつい話し方になっていた相手に対しても、やわらかな話し方になったと家族に言われました。相手によって話し方を変えられるようになったのは、相手の立場にたって考えることができるようになったからだと思います。また、「傾聴」について学んだことで、話の聞き方も変わったと感じています。