卒業生・修了生メッセージイメージ卒業生・修了生メッセージイメージ

卒業生・修了生
メッセージ

辻早苗さん

教育の現場で学びを実践しています

卒業生 辻早苗江さん
[ 特別支援学級介助員 ]
家庭や特別支援学級での先生と児童の関わりのなかで心理学を活かしたいという気持ちから、入学を決意。正科生3年次編入学。

学びを、家庭や仕事に活かしたい

子どものことがきっかけで、発達障害について勉強をはじめました。学びを進めるなかで、発達に深く関わっている心理学を基礎から学びたいという気持ちが強くなりました。また、特別支援学級の介助員の仕事でも、児童や先生との関わりのなかで、何か自分にできることはないかと思っていたこともあり、思い切って入学を決めました。

マイペースに学習がすすめられる

子どもが3人おり、家事や仕事で毎日があっという間ですが、在学中は平日の夜や休日に子どもと一緒に勉強していました。メディア授業が多く、マイペースに少しずつ学習を進められるように工夫されているのが「たちばなエクール」の魅力。スクーリングやゼミで、多くの先生や生涯の友と言える人たちに出会えたことも、社会人になって学び直してよかったと感じています。

先生や生徒とのコミュニケーションに活かす

心理学を学んでよかったと思うことは、子どもと接する際に感情的になる場面が減ったことです。自分が冷静でいられることで、「わかりやすく、効果的に伝える」ことを考えながら対処するようになりました。また、職場でもより客観的な観察、分析、行動を心がけられるようになりました。しっかりと気持ちを受けとめることで、児童のみんなも落ち着ける時間が多くなったと思います。学んだことが実践できるのは、心理学のよいところだと改めて実感しています。

たちばなエクールに入学して良かったこと

たくさんありますが、共に学ぶ友達ができたことは入学して良かったことのひとつです。卒業研究の授業を選択していたのですが、同じゼミの友達とは励まし合いながら卒業論文を書き上げることができました。とても大変でしたが、忘れられない思い出です。また、卒業してからも学びを実践につなげられる場面がたくさんあるので、心理学を学んでよかったと実感することができます。