入学案内イメージ入学案内イメージ

科目等履修生
[看護学コース]
募集要項

詳細と出願書類については、「科目等履修案内/募集要項パンフレット」(無料)を、以下の資料請求フォームよりお取り寄せのうえご確認ください。

出願資格

以下の(1)~(2)の要件のいずれかに該当する者

  1. (1)看護系短期大学(3年制)を卒業した者、または2018年3月卒業見込みの者
  2. (2)看護系専修学校専門課程(3年制)を修了した者、または2018年3月修了見込みの者で、以下ア.イ.ウ.の要件をすべて満たす者
    1. ア.高等学校卒業等、大学の入学資格があること。
    2. イ.修業年限が3年以上かつ修了に必要な総授業時間が2,550時間以上(単位制及び通信制の学科においては、課程修了に必要な総単位数が93単位以上)で、修了時点で専修学校専門課程の認可を受けている看護系専修学校専門課程(専門学校)であること。
    3. ウ.看護師資格を取得するための技能を養成する看護系専修学校専門課程(専門学校)であること。
  3. <注>専修学校制度発足(昭和51年1月11日)前の修了者は、出願資格はありません。また、昭和51年以降の卒業であっても、専修学校専門課程の認可を受けていない場合がありますので、事前に必ず出身校に確認してください。

受講期間

1年間(申請により年度ごとに2回まで更新可能。ただし更新ごとに登録料の納付が必要)

選考方法

書類選考(成績証明書による選考)

出願に必要な書類

以下書類をご用意ください

出願資格(1)(3年制看護系短期大学卒業(または卒業見込))
出願に必要な書類イメージ出願に必要な書類イメージ
出願資格(2)(3年制看護系専修学校専門課程修了(または修了見込))
出願に必要な書類イメージ出願に必要な書類イメージ

証明写真について

出願前3か月以内に撮影されたカラー写真1枚(タテ4.0cm×ヨコ3.0cm)
正面向き、上半身、無帽、無背景、目元輪郭を隠してないもの(合格後は学生証に使用)

出願書類に関する注意事項

出願時に卒業(修了)等が見込みの場合は、見込証明書を提出し、卒業(修了)後にあらためて卒業証明書を提出してください。
専修学校専門課程の成績証明書が発行できない場合は、事前に通信教育課までお問い合わせください。
婚姻等により出身校卒業(修了)時と現在の姓が異なる場合は、提出する証明書に「旧姓」の記載があっても、必ず戸籍抄本等の提出が必要です。
出願書類はいかなる場合も返却できません。
出願書類・登録手続書類に虚偽が認められた場合は、履修許可を取り消すことがあります。

開講科目

看護系科目より8科目(16単位)、一般科目より8科目(16単位)合計16科目(32単位)を出願時に登録します。
各科目の詳細は、ホームページまたは出願手続きサイトのシラバスからご確認ください。

※[M]:メディア授業 [T]:テキスト授業

※すべて2単位科目

※授業形態・開講期は変更になることがあります

※開講科目はあくまで予定です

看護系科目(下記より8科目16単位選択)

科目名 開講期
[T] 医学概論 前期
[M] 看護情報論 前期
[M] [T] 看護倫理 後期
[M] 国際看護学 後期
[M] 看護管理学 後期
[M] [T] 高齢者のヘルスプロモーション 前期
[M] [T] 認知症看護学 前期
[T] 看護と死生観 後期
[M] 次世代育成看護学概論 前期
[M] 災害看護学 後期
[M] [T] 家族看護学 後期

一般科目(下記より8科目16単位選択)

科目名 開講期
[M] 臨床心理学Ⅰ 後期
[M] [T] パーソナリティ心理学Ⅰ 後期
[M] カウンセリング 前期
[M] [T] 家族心理学 後期
[M] 発達心理学Ⅰ 前期
[M] よそおいの心理学 前期
[M] [T] 健康心理学 後期
[T] 現代のメディアと表現 前期
[M] [T] 言語コミュニケーション論 前期
[T] 文学にみる京都 後期
[M] 生物学基礎 前期

学習に必要なパソコン環境・パソコンスキルについて

本学での学習にあたり、ご自身のパソコンやネットワークが必要な環境を満たしているか確認してください。また、パソコンをおもちでない方は、購入するなどの準備が必要です。
パソコン環境・パソコンスキルについての詳細は、以下のページをご確認ください。

その他

出願等に関するその他のご質問は、以下ページよりご確認ください。