よくあるご質問イメージよくあるご質問イメージ

科目等履修について

看護学コースの出願資格について教えてください。

看護学コースは、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構の学位授与制度を利用して、学士(看護学)の学位を取得するためのコースとなっています。学位申請ができる方のうち、31単位以上の取得で学位申請が可能な方(大学改革支援・学位授与機構の定める基礎資格の第2区分)を対象としています。大学改革支援・学位授与機構の定める基礎資格(第2区分)を持たない方は、申し訳ありませんが、出願できません。
出願資格の詳細については、科目等履修生[看護学コース] 募集要項の「出願資格」を参照してください。

以下は卒業校ごとの出願資格に関する回答です。

看護系の
各種学校
各種学校は大学改革支援・学位授与機構の学位授与制度の基礎資格に当たらないため、出願できません。文部科学省の設置認可を受けた3年制の看護系短期大学または看護系専修学校専門課程をご卒業された方のみ出願できます。
夜間の3年制
看護系
専修学校
定時制、夜間の看護系専修学校では、2年の課程を3年間かけて学んでいます。出願資格である、総授業時間2,550時間以上をみたしていない場合は、出願できません。

准看護師の資格免許を取得後、進学コースに進み看護師となりました。この場合、出願はできますか。

申し訳ありませんが、出願することができません。看護学コースは、学位申請ができる方のうち、31単位以上の修得で学位申請が可能な方(学位授与制度における基礎資格第2区分)のみを対象としています。2年制専修学校専門課程の場合は、学位申請に必要な単位を本コースで修得することができません。

看護学部へ入学することと看護学コースに入ることとは違うのでしょうか。

看護学コースを修了しても、本学から学位を授与するわけではなく、また本学を卒業したことにもなりません。本コースは、大学改革支援・学位授与機構に申請し、学位取得するためのコースです。

看護学コースへの出願で、専門学校等で成績証明書の発行ができない場合はどうすればよいですか。

まずは学校で発行できる書類やお持ちの書類で学位申請が可能か、出願前に大学改革支援・学位授与機構へお問い合わせください。大学改革支援・学位授与機構への学位申請時に成績証明書等が必要となりますので、成績証明書が提出できない場合、申請ができないことがあります。
なお、本コースは学位を取得するためのコースです。申請するための書類が発行できない場合には、本来の目的を果たすことができないため、出願できません。

学位申請を行うのはいつでしょうか。

大学改革支援・学位授与機構が申請を受け付けるのは、年2回、4月と10月です。なお、機構では大学に正科生として在籍している場合は申請が行えないと定めていますので、ご留意ください。詳細は、大学改革支援・学位授与機構「新しい学士への途」でご確認ください。

そのほかご不明な点があれば、お問い合わせフォームにてお問い合わせください。