心理学エッセンスイメージ心理学エッセンスイメージ

心理学エッセンス

心理学を学んだ後で見える世界は変わるでしょうか。少なくとも毎日の身近な問題を考える上で、わたしたちにヒントを与えてくれるはずです。例えば「今日はなぜ気分がすぐれないのかな」「なぜこの商品がよく売れるのだろうか」など、自分やほかの人の心の動きについて客観的に理解することができるかもしれません。
「心理学エッセンス」では、日常生活のさまざまな場面を理解することに役立つ心理学の知見や基礎知識など心理学をもっと身近に感じられる話を紹介していきます。

  1. リフレッシュのススメ
    社会・産業心理学分野

    リフレッシュのススメ

    藤原 勇

    紅葉シーズンになると、学内では卒業研究に追われる学生を見かけることが多くなります。通信教育課程の学生も、自宅や職場などで勉強や研究活動に追われていることでしょう。そうなると、勉強や研究に・・・

  2. ブランド志向の心理学
    社会・産業心理学分野

    ブランド志向の心理学

    永野 光朗

    「日本人のブランド志向」はしばしば指摘されるところです。欧米人に比べて日本人のそれがより強く、また内容的にみた場合に「猫もしゃくしも」という感じの画一化の傾向が顕著であることは、アメリカ・・・

  3. 説得の方法
    社会・産業心理学分野

    説得の方法

    永野 光朗

    「自分の考えを聞き入れてもらおう」として、ひとを説得しなければならないことは日常生活のなかでしばしばあります。このような場面では相手をどのように説得すればうまくいくのでしょうか? 説得の・・・

  4. 紅葉は美しい?
    社会・産業心理学分野

    紅葉は美しい?

    藤原 勇

    11月に入り、京都でも木々が色づく紅葉の季節が近づいてきました。年中、観光客の多い京都ですが、この季節は特に観光客で賑わいます。また、京都では別のことでも賑わいをみせています。それは日本を・・・

  5. 商品の価値とは?
    社会・産業心理学分野

    商品の価値とは?

    永野 光朗

    1日のうちに何度となく行われる商品の購買は、われわれ消費者が一定のコスト(支出)を支払って、商品に含まれる価値を手に入れるための行為ということになります。ではわれわれは商品に対してどのよ・・・

  6. 社会心理学からみた「外見(身なり)」の大切さ(その2)
    社会・産業心理学分野

    社会心理学からみた「外見(身なり)」の大切さ(その2)

    永野 光朗

    外見は「自己への効用」だけではなく「他者への効用」も有する。整った容姿は人々を惹きつけて他者との相互作用を促進するので、何らかのチャンスを得る可能性が高い。心理学的研究からは外見が対人認・・・

  7. 社会心理学からみた「外見(身なり)」の大切さ(その1)
    社会・産業心理学分野

    社会心理学からみた「外見(身なり)」の大切さ(その1)

    永野 光朗

    そもそも若い頃から身なりにはまったく無頓着であった。「大学のセンセーでベンキョー一筋だし、あんな格好をしていても仕方がないねえ」と周りのひとびとに許容していただけることを、この職業につい・・・

  8. 消費と広告の心理学
    社会・産業心理学分野

    消費と広告の心理学

    永野 光朗

    私が専門としている消費者行動研究は「消費者の心や行動の仕組み」の客観的理解を目指す研究分野であるといえます。このような理解を行うための枠組みとしてK.レヴィンが提示した人間の行動に関するモ・・・

Read more