心理学エッセンスイメージ心理学エッセンスイメージ

心理学エッセンス

心理学を学んだ後で見える世界は変わるでしょうか。少なくとも毎日の身近な問題を考える上で、わたしたちにヒントを与えてくれるはずです。例えば「今日はなぜ気分がすぐれないのかな」「なぜこの商品がよく売れるのだろうか」など、自分やほかの人の心の動きについて客観的に理解することができるかもしれません。
「心理学エッセンス」では、日常生活のさまざまな場面を理解することに役立つ心理学の知見や基礎知識など心理学をもっと身近に感じられる話を紹介していきます。

  1. 「自分にはできる!」と思えること
    臨床心理学分野

    「自分にはできる!」と思えること

    中川 明仁

    今年も残すところ1ヶ月近くとなりました。少し今年の初めの頃のことを思い出してみましょう。年の初めに「あれをやってみよう!」「これに挑戦してみよう!」と目標を立てた方も多いのではないでしょ・・・

  2. スクールカウンセリングの実際-スクールカウンセラーを学校で活用してもらうために-
    臨床心理学分野

    スクールカウンセリングの実際-スクールカウンセラーを学校で活用してもらうために-

    井上 裕樹

    今回は、日本でのスクールカウンセリングの成り立ちとスクールカウンセラーが学校に活用してもらう・・・

  3. カウンセリングと傾聴
    臨床心理学分野

    カウンセリングと傾聴

    菱田 一仁

    カウンセリングでは話を聞くことが大切になります。ところで、私たちはカウンセリング以外でも日々人の話を聞いていますが、それは当たり前のことなのでしょうか。話を聞くというと、記号を読み取るよ・・・

  4. 同じものを共に視るということ
    臨床心理学分野

    同じものを共に視るということ

    菱田 一仁

    バレンタインの時期ですね。皆さんも誰かに贈り物をしたり、されたりすることがあるかもしれません。贈り物をするということは、相手と良い関係を作ったり、その良い関係を維持することにつながってい・・・

  5. 思春期の自立とは
    臨床心理学分野

    思春期の自立とは

    井上 裕樹

    私は、自身の心理臨床のフィールドとして、10数年来スクールカウンセリングの現場に携わってきています。そこで、私のカウンセリングの関わりの中心の一つでもある思春期の自立というテーマについて、・・・

  6. 健康につながる行動を起こすために
    臨床心理学分野

    健康につながる行動を起こすために

    中川 明仁

    年々、定期健康診断の結果を見ることに不安を覚えるようになってきました。幸いなことに今のところ全ての数値で正常値を示していますが、1年ごとに増えつつある数値もあります。そのような現実を目の・・・

  7. 「しっくりくる」「腑に落ちる」についての心理学
    臨床心理学分野

    「しっくりくる」「腑に落ちる」についての心理学

    青木 剛

    新年度がスタートして、はや3ヶ月目に突入しましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。私は通学課程の授業も担当していますが、通学生は7月に入ると学期末が目前に迫って、学期末の試験やレポー・・・

  8. ○○ダイエットの効果はいかに?
    臨床心理学分野

    ○○ダイエットの効果はいかに?

    中川 明仁

    突然ですが、ショートケーキ1個分のカロリー(およそ300kcal)を消費するのにどれぐらいの運動量が必要だと思いますか?年齢や性別により若干の違いもありますが、およそジョギング1時間分の運動が・・・

  9. スクールカウンセラーの行う授業観察の実際
    臨床心理学分野

    スクールカウンセラーの行う授業観察の実際

    井上 裕樹

    私はスクールカウンセリングを専門にしております。そこで、スクールカウンセラー(SC)が行う小学校での「授業観察」を紹介しようと思います。「授業観察」と言うからには、授業を見に行くのですが、た・・・

Read more